読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おれの山、おれの道

生半可なおっさんが主観的に山登りと人生を語るブログ

其の三十八 雲取山(三峰口〜雲取山荘) 2016/4/21

山行記録 百名山 秩父・奥武蔵

f:id:yoshixim:20170301203909j:plain

2015年の暮れから16年の前半にかけての時期を振り返ってみると。

谷川岳を登ったあたりを最後に、なんとなくスカッとしない、停滞気味の山行が続いていた感が否めないのだった。

子供を連れての近場の低山だったり、ホームグラウンドでのトレーニング的な山行だったり、ちょっとチャレンジングな(低レベルですが)山行では天候やら準備不足やらがたたって撤退を余儀なくされたり。。

 

続きを読む

登山靴(靴ヒモ)の補修や最近買った靴なんかについて

山道具・Goods

 f:id:yoshixim:20170213223608j:plain

最近新しい登山靴を買ったのだが、それを部屋の中で眺めまわしたり履いてみたりして悦に入ったところで、ふと我に返り「新しい靴にかまけてこれまで長年苦楽を共にしてきた相棒をほったらかしにしているな」ということに思い至ったわけである。

そうなると何やら後ろめたい気分になってきて、下駄箱の中に適当に放り込んであったくたびれた相棒を引っ張り出してきて、突然手入れなど始めてしまうというのが人の心の機微といったものなのだろうか…?

続きを読む

其の三十六 高尾山 2016/4/6

山行記録 親子登山 東京の山

f:id:yoshixim:20170206114829j:plain

浮世のことなど我関せずと斜に構えて生きてきたおれだが、子供ができれば世の中の面倒な仕組みなんぞと否応なく関わらなければならなくなるわけで、こんなダメ親父でもPTA問題やら待機児童問題やらに直面したり、子供のいじめ問題や教育行政など色々と気になってみては腹が立ったりうんざりしたり、それでいて出来れば自分は関わりたくないなと思ったり、そんなことで一々庶民を右往左往させないようにもっと利用しやすく現実問題に即した社会インフラを構築しやがれと行政に責任転嫁したりしながら、休みの日には山に行きたくてソワソワしてたりするのである。

続きを読む

其の三十五 榛名富士(伊香保温泉〜榛名神社) 2016/3/13

山行記録 親子登山 群馬の山

f:id:yoshixim:20161231010131j:plain

2016年一発目の登山は雪の榛名富士。

と言いたいところだが正直これを登山と言っていいものか。。

と言うのも山頂手前までロープウェイで登り、そこから100mほど歩いて山頂の祠にお参りしただけなのである。

ちなみに登山口となる榛名湖から榛名富士の標高差は300mちょい。

歩いたところで50分という軽いコースを登ることすらしていないのだ。

そんなのを山行記録としてブログに乗っけてどうするんだと思わないでもないのだが。

続きを読む

登山とは何か? 語ってみたかったので…

おれのこと

年頭一発目ということで、登山について語りたいと思う。

というか、年頭というには遅すぎな感じではあるが…

 

登山とは何だろう?

スポーツだろうか、旅だろうか?

 

いや、それ以前に読んで字の如く、登山とは山を登ること、そこに山があることが前提となる行為である。その行為の中に、ある人はスポーツ的な要素を見出して目的とし、またある人は旅的な要素を求めて山に出かけて行くのだろう。

続きを読む

2016年に登った山をまとめるとブログ的には予告編になるのだった。

山行記録 おれのこと

図らずもちょうど一年遅れのペースで山行記録を書き連ねているこのブログ。

本来ならなるべくリアルタイムに近い感じでやっていきたいところだが、阿呆のようにちょうど一年前のことを思い出しつつ書いている次第である。

 別に意図してそうしているわけではないのだが、諸般の事情によりなかなか現在に追いつくことができていない。ちなみにブログを始めてそろそろまる1年といったところだ。

続きを読む

其の三十四 二子山(小鹿野町) 2015/12/8

山行記録 秩父・奥武蔵

f:id:yoshixim:20161128133200j:plain

前回の両神山八丁尾根で味わった“撤退”という屈辱。

素人単独登山としては賢明な判断だったと思いつつも、その判断の内に潜む「臆した」という事実から目をそらすことができずにいた。その記憶が心の底に魚の小骨のように刺さっていて、山について思いを馳せる度におれの心に鈍い疼きを呼び起こす。。

あの時ナイフリッジの前に立ち、冷静な判断を下そうと思案しているつもりのおれの心の裡には確かに“恐れ”があったのだ…

続きを読む