おれの山、おれの道

生半可なおっさんが主観的に山登りと人生を語るブログ

百名山

其の四十二 両神山八丁尾根(リベンジ) 2016/5/18

前年(2015)の暮れに未踏で終わった両神山八丁尾根コース。 ガスに煙ったナイフリッジを前に撤退を決めたあの時から、おれの心の奥にそれは硬いしこりとなってわだかまっていた。 悪天候だけが撤退の理由であればさほどこだわることではないのだろうが…

其の四十一 大菩薩嶺 2016/5/5

そんなわけで大菩薩嶺。 ここに至った経緯は前回にあらかた書いてしまったので、今回は単刀直入に本題から始めようと思う。一応前回のを下に貼っておくのでどうしてもその経緯が知りたい人は(いないと思うが)そちらから確認していただきたい。全般的にどう…

其の三十九 雲取山石尾根縦走(山頂〜奥多摩駅) 2016/4/22

前回の続きの雲取山なのだが。。 ずいぶんと更新の間隔が空いてしまった。 というのも先ごろヨメが衝動的に家を買ったりしたもんでここのところ諸々の準備などで忙しく、おかげで山にも行けず、ブログまで手が回らず。。 買った家が30年ものの中古住宅なの…

其の三十八 雲取山(三峰口〜雲取山荘) 2016/4/21

2015年の暮れから16年の前半にかけての時期を振り返ってみると。 谷川岳を登ったあたりを最後に、なんとなくスカッとしない、停滞気味の山行が続いていた感が否めないのだった。 子供を連れての近場の低山だったり、ホームグラウンドでのトレーニング的な山…

其の三十三 両神山八丁尾根(未踏破) 2015/11/12

他県との境に接していない唯一の純埼玉製百名山である両神山。その独特の山容といい、山深い寂れた佇まいといい、秩父全域を見渡せる山頂からの眺めといい、埼玉県民が世界に誇るべき山であり、おれの中でも5本の指に入るお気に入りの山である。 その両神山…

富山旅行と立山黒部アルペンルート 2015/10/24~26

おれの両親は富山県の出身で、親戚などもあるので子供の頃の夏休みは毎年富山で過ごしたものである。父親の実家は立山の麓の立山町にあり、母親はその隣、剱岳の登山口のある上市町で生まれ育った。 山を好む者にとってはこの上ない出身地なわけだが、人生の…

其の三十 谷川岳・西黒尾根 2015/10/5

日本三大急登というのがあって、甲斐駒ケ岳の黒戸尾根、北アルプス烏帽子岳のブナ立尾根、そして今回登る谷川岳の西黒尾根がそれにあたるのだという。 どんな基準でそれが選ばれたのか知らないし、調べてみても定かでない(少なくともGoogle検索の1ページ目…

其の二十七 武尊山 2015/8/12

群馬県利根郡に鎮座する武尊山。水上町、片品村、川場村の境に位置し、日本百名山に挙げられた山である。 武尊は「ぶそん」でも「たけるのみこと」でもなく「ほたか」と読む。諸説あるが何らかの当て字のようであり、通常の漢字読みでは武尊を「ほたか」とは…

其の二十六 瑞牆山 2015/7/21

山を登り慣れてきたところで百名山などに食指が伸びる。 夏だし、ある程度標高がある山に足が向くのである。 そんなわけで。 2015年、夏の百名山第二弾!今回は瑞牆山だ。 奥秩父の西端に位置し、山頂部の奇岩が目を引く。頂上は一枚岩の岩畳となっていて、…

其の二十五 日光白根山 2015/7/7

梅雨の間は天気のおかげで予定していた山行を中止にするといったことが起こりがちだ。まあおれの場合は基本的に晴れた日に出かければいいやという感じでやっているので、天気が悪ければ中止にすればいいだけの話なのだが(おかげでせっかく買った雨具もほと…

其の十七 両神山・日向大谷コース 2015/4/2

埼玉県の秩父市よりも少し奥、小鹿野町に鎮座する両神山。山頂部に鋸歯型の尾根を持つ険しい山容が特徴的な山で、日本百名山の一つに数えられている。 埼玉県の山では他にも雲取山と甲武信岳が百名山とされているが、いずれも他県との境に位置するものであり…

其の九 谷川岳 2014/9/22

谷川岳と言えば日本のロッククライミングの聖地、国内最高レベルの大岩壁である一ノ倉沢をその北面に湛える魔の山であり、映画「クライマーズハイ」なんかでも象徴的な場所として描かれていた名峰である。中央分水嶺にあたり、気候の境目になるため天候の変…

其の壱 筑波山 2013/12/8

大山詣でから数日、山の本を時々眺めながら登山ということについてなんとなく思いを馳せる日々が続いた。 思えばおれの両親は富山県の出身で、小さい頃から夏休みには親戚やらの家に遊びに、何度となく立山連峰の麓の町に遊びに行ったものである。 父親にし…