読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おれの山、おれの道

生半可なおっさんが主観的に山登りと人生を語るブログ

【膝痛対策】サポーターを導入

山道具・Goods

鍋割山に続いて前回の伊豆ヶ岳でも膝をやられ、おれの登山は早くも壁にぶち当たってしまった。毎回山を歩くたびに脚を引きずって帰ってくるというのはさすがにしんどい。このまま同じような状況が続けば、いずれ嫌気がさして山への足も遠のいていくことになるだろう。

おれの膝には、シャレにならない爆弾が埋まっているのか?

おれの足は山歩きには向かないタイプの足なのだろうか…?

そんな危惧が脳裏をかすめていく。

 登山を始めるにあたって、漠然とではあるが、いずれは槍、穂高、剣、と名のある頂に足跡を刻むつもりで、BS放送の百名山の番組なんぞをチェックしてイメージを膨らませていたおれにとって、この段階での挫折はさすがに早すぎる…

 

とは言うものの、希望的観測ができないこともない。冷静に考えれば、これまで全く進歩がないというわけでもないのだ。

鍋割山の時は翌日ほとんど動けない状態だったのに対して、伊豆ヶ岳ではその日のダメージはあったものの翌日には(痛みはあったが)なんとか仕事をこなすことができたのだ。それを進歩と捉えれば希望も持ってもいいようにも思えてくる。

さらにこのまま鍛えていけば、いずれそれなりに強化されるのだろう。

 

だからと言って、やはり漫然と構えているわけにもいかないのだ。

最初は準備もせずに臨んだのだから仕方ないと言えるが、二度目も同じ憂き目を見ているわけだし、さすがに同じ轍を三度踏むのは許されまい。

 二度ある事は三度あるのか、三度目の正直となるのか?

どちらに転んでもいいように便利なことわざが用意されているものである。

ならばなるべくいい方に転ぶよう、できる準備はしておかねば。

 

そんな次第でおれなりに考えた結果、膝サポーターを導入することにした。

バンテリンサポーター ひざ用 ブラック ふつうサイズ ひざ頭周囲 34~37cm

 鍋割山で膝を痛めた帰り道にバンテリンクリームを買ってここのところお世話になることが多かったため、サポーターもこれでよかろうということになった。

 

サポートタイツ的なものもチェックしてみたが、そこはおっさんの性。なんとなく前時代的な保守的な感覚で、そのちょっと小洒落た感じに触手が伸びなかった。 

f:id:yoshixim:20160203230220j:plain 

男は黙ってバンテリン

 

サポーターなど怪我した時に使った経験くらいしかないので、こんなものが本当に効果があるのか半信半疑であったが、amazonのレビューなんぞを見る限りそれなりの効果は期待できるもののようだ。

その効果を試すべく、次なる山へ…

 

 

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ