今、ここから

器用貧乏なおっさんの挑戦の記録…

ブログ、それは半年ごとに言い訳がましい近況報告をするためのツールなのか。。

言葉では伝えたいことの半分も表現できていない、そんな感じがする。

何かを捉えようと言葉を重ねる度に、費やされた言葉によってその何かが別のものに変わってしまう。

正確を期すべく積み重ねても、言葉の持っている意味が、別の意味を生み出してしまう。

 

そのうちに自分の伝えたいことが、吐き出した言葉によって歪められ、ボヤけていく。

うまく着地しようとして、捻じ曲げ、すり替えられていく。

 

おれは何が言いたいんだ?となる。

なんかどうでもいいんじゃねえか?となる。

 

非常にもどかしい。

要するに技術不足なんだろうが、非常に疲れる。消耗する。

そんなわけで面倒になりブログなんてものは放置されるに至るわけだ。

 

その点、歌はいいな。

言葉や旋律と遊ぶ。自分の中の観念や思いと意味を結びつけて結晶させればいい。

正確である必要はない。ただ誠実であればいい。自分の中のリアルなものに。

 

だからおれは言葉で何かを正確に描き出そうとすることはやめようと思う。

単純に疲れるし、ということは要するに向いてないってことなんだろうなと。

正確に描こうと努力することはできたとしても正確に描き出すことはできないわけで。

だから文章とか書くのはもうちょっと軽い感じにしていきたいなと。

 

そんなわけで散文詩のごときふんわり感で近況の報告でもしてみます。

 

ブログ的には前回仕事を辞めたことを書いている。

これはやめて正解。単純に、気楽に気分良く、おまけに効率も良く金稼ぎができるようになった。

色々としがらみみたいなものを人の心は作り出すけどそれを手放さないと次のものは手に入らないもので。

今の世の中色々と不安材料もあるけどなんとかなるもんだという経験を一つ得られたかなと。

これについてはネガティブ要素は一切なしです。

 

辞めた絡みでいうと、バンド。

これはおれは辞めてないけどメンバーが二人辞めた。

で、ここを一言でふんわりまとめるのは難しい。だからと言って言葉をいくら費やしても正確に語るのは難しい。

そこで色々考えているうちに導き出されたのが今回の書き出しってわけなんだが、それはまあいいや。

 

バンドという点において理想に近い感じだったし、人間的にもいいメンバーだったんだけど、同じ場所を目指しているつもりでも個々の思いにズレがあったり、そこでやりたいことにも違いがあったりするもので。

同じ目的地を見ていたとしても見る場所によって見え方も違うんだろう。

おれに見えてないものもきっとあるのだろうと。

ちょっと我慢したりごまかしつつ自分の目指す方向に動けるような流れを作ろうとしたりしてたんだけど、思うようにいかず。しゃあないから分裂覚悟で「おれはこうしたい」ってところをぶつけてみたら結局分裂したという。。

まあ思いは人ぞれぞれ。そもそもが違うんなら騙し騙しやるよりもはっきりさせた方がいい局面もある。

タイミング的にもそれをするべき時だったと理解することにしたのだった。

 

つーわけで今年のテーマはスクラップ・アンド・ビルド。新たな創造のための破壊というところの結果論。

闇雲に壊すのではなく、すべては次に向かうため、より自分の欲しいものに向かうための動きなのだということにしておこうと思う。

そういえば半月前に部屋の壁を一つブチ抜いて家のリフォームなんかもやったな。。

 

まあ色々と考えてしまうこともあるけれど、どっちにしろ限られた時間の中で生きている身。

なるべく良い方向に解釈して、なるべく悔いのないように生きていこうとすることぐらいしかできないし。。

 

そんな感じでこのブログもそろそろスクラップ・アンド・ビルドの対象かねえ。。